読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIRIandAKUTA’s diary

この世の塵芥みたいな自分の徒然草的日記

新しい相棒

どうも。この度はカメラのお話。

 

フィルムカメラにハマってから今まで、「NikonのNew FM2」というカメラでばしばし写真を撮ってきた。ちなみに、レンズはカニ爪の「Nikkor 50mm F1.4」。

このカメラは撮ることが本当に楽しくて「写真を撮っている!」という感覚がして好きだった。

f:id:CHIRIandAKUTA:20161222133932j:image

しかし、ある時(カメラの塾みたいなのに通っていた時)中判カメラの存在を知る。

そう、暗室で何人かで現像作業をしている時、中判カメラでの写真に打ちのめされた。

圧倒的な綺麗さ、写真の情報量……「な、なんだこれは」という訳である。

もともと、カメラ小僧でも物凄くカメラに詳しいわけでも何でもなく、ただひょんなことから手に入った35mmフィルムのカメラで「写真って面白いな〜」と思って撮影していたので、この出会いは衝撃的だった。

 

それからは、中判カメラのことを少し調べ始め、中判カメラユーザーとも話しをしたりして、自分も中判カメラで撮影をして作品を作ってみたい!という想いを抱く。

自分は性格的に「思い立ったが吉日」なところがあるので、その想いを抱いてから恐らく1年ほどであろうか……ついに、ついに中判カメラを手中にしてしまった!

 

拙い知識の中で、選んだ機種は「PENTAX67」。超人気高額のⅡではなく、初代67。

中判カメラでは、上から覗くウエストレベルファインダーを採用しているカメラが多い。中判といえばこれ!という撮影スタイルだが、これがは左右が実際とは逆に見えるのである。左右逆像。

今までファインダーを除いて現実をそのまま写している気持ちになっていた自分には、ここの敷居が割と高かった。

そこで、ちょうど35mm機種を大きくしたような形のPENTAX67、通称バケペンを選んでみたのである。

あまり話せる友達がいないので自分で勝手に選んだのだが、ネットなど見ていたら安易にバケペンかよ「MAMIYA7」とかあるだろ!みたいな意見も見た。が、MAMIYA7も最低100kくらいするので今は手が出せないのであった。

 

ウンチクは全然無いので、これ以上書くと本当の写真好きな方々に見つかった場合、袋叩きにされそうなのでこの辺で。

今回、どうやって今手元にある機種と出会ったかを記しておく。実は紆余曲折があった。

 

まずは中古カメラを多々扱う実際のカメラ屋へ足を運んだ。

新宿の中古カメラ市場、マップカメラ、中古カメラBOXうんぬん……。

なんと、最初に見た中古カメラ市場で、67の一番初期型を見つけて割とすぐに購入してしまった。対応してくれた店員さんも親切だったので気分がノッてしまったのだ(チョロい)。それがこれ。f:id:CHIRIandAKUTA:20161222140253j:imagef:id:CHIRIandAKUTA:20161222140312j:imagef:id:CHIRIandAKUTA:20161222140320j:image

レンズも同時に購入。35mmフィルムでの50mmレンズに凡そ相当する105mmレンズ。「Super-Multi-Coated TAKUMAR 6x7 105mm F2.4」。

 

家に帰り早速、半額で買った期限切れの近いイルフォードのフィルムを入れる。

「ん?フィルムカウンター動かなくない??」

そして、シャッターも切れない。あれれと思って、フィルムは取り出し空シャッターを切ってみる。

「カシャリ」

空シャッターは余裕だ。またフィルムを入れる。

切れない……カウンターも動かない。

こりゃダメだ。

初期不良なら1週間以内に持ってきてくれれば対応するとのことだったので、その週の休みにまたカメラ屋さんへ。

店員さんに確かめてもらうも、やはりシャッターが切れず、カウンターも動かなくて泣く泣く返すことになった。店内に同じ機種がもう一体あったので、今度はそちらで試してみることに。

しかし、そちらもフィルムを巻き上げるのが余りにも重い……とのことで店員さんにも反対され、返金となる。

その帰り道、この前行ったお店に加えて今度はレモン社、ミヤマ商会を回ってみるも67は置いていなかった。

 

また家に帰り、手元に残ったレンズを見ながら考えてみる。

67は割と人気機種だし、Ⅱに買い換えて初代を手放す人も多いと聞く、待っていればまた入荷があるのは確実だ。

 

ただ、"今"中判で撮りたい。

 

ネットオークションも覗いてみた。67はゴロゴロある。しかし、目が効かない自分には初期不良でも返品対応不可のオークションは余りにもリスキーすぎる。

ネット大手の三宝カメラには今在庫なし。新橋イチカメラには在庫はあるものの、高額……うーん。

と悩んでいたところ、東海地方にあるトップカメラに何故か行き着いた。

67後期型が、この間返品したものの2倍くらいの値段だが、出ている。動作も良好、初期不良なら対応してくれそうだということで、迷った末にポチっとなしてしまった。

 

そして、届いたのがこちら。

f:id:CHIRIandAKUTA:20161222141742j:image

先ほどのと比べるとロゴもアサヒペンタックスからペンタックスロゴに変わり、6×7からカチッとした67表記に変わっているのがわかる。

そのほか、初期型との違いがたくさんあって面白い。

スプールノブが平じゃなくなっていたり、フィルム切替のところの表記が21、10の枚数表記から120、220とフィルム種類に変わっていたり、ミラーアップレバーがついていたり。

早速、恐る恐るフィルムを入れて巻き上げてみた。良好!

そして、1枚撮ってみる。

「カシャリ」

うん!良い感じだ。初めて触った時にこのシャッター音にも惹かれていたので、無事フィルム入りでシャッターが切れたことに1人でニヤけてしまった。

 

というわけで、別に買ったストラップ取り付け金具やらストラップも装着した。

準備完了!!あとは風邪が治ったらこいつを持って撮影に繰り出すだけ。

f:id:CHIRIandAKUTA:20161222142637j:image

何もない毎日に、僅かな希望が生まれた。

ちなみにモノクロフィルム写真はこちらで公開中。

http://seiwhite11.wixsite.com/aoi-satoh

広告を非表示にする
<body> </body>