読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHIRIandAKUTA’s diary

この世の塵芥みたいな自分の徒然草的日記

「移住・交流&地域おこしフェア」について

もう2.3ヶ月も前の話になってしまった。書こう書こうと思いながら、ここまでずるずると来てしまったので、ようやく。

タイトルの通り、1月15日(日)東京ビッグサイトで行われた「JOIN 移住・交流 地域おこしフェア」に行ってきた。

https://www.iju-join.jp/feature/file/035/

 

「いついつ移住するぞ!」と決めているわけでも、地域を確実に決めているわけでもなかったので、情報収集の第一歩と考えてビッグサイトへ向かった。

お馴染みの西ホール、エスカレーターを降りるとゲートと会場らしきものが見えた。この時、「ここかぁ」と完全にエスカレーター降りたホール部分だけが会場と思い込んでいた……。

ひとまず、ゲートをくぐりそこにあった各地域のチラシやら冊子やらを気になるものを手当たり次第に取って奥へと向かってみる。

すると、どうだろう。当たり前といえば当たり前だが、その奥の大ホール全体が会場だったのである!

実は、その規模にやや面食らってしまった。北は北海道から南は沖縄まで、各地域のブースと地域おこし協力隊のブースが分かれて大展開されていたのである!

 

中へ入る。自分が気になっているのは、小さな頃からずっと移住を考えていた北海道と、生まれ故郷である舞鶴や福井辺り。まずは故郷の方から見てみようかなーとフラリと近畿ブースを歩いてみる。

福井は今移住ムーブメントが起きているのであるだろうが、舞鶴は無いようだ。京都府のブースも何やら近付きがたいな……どうしよう、と思っていたところだった。

 

兵庫県朝来市の方に声をかけられる。

すごく気さくで、私がまだ確実に何がやりたくていつ移住を決めてるわけでもない曖昧な状態なのに、話を聞いてくれた!一番心配なのは、例えば「地域おこし協力隊」としてその地に行ってみた後に、任期が終わったら「おめぇの働くとこねぇから!」で移住を諦めなくてはならない状況が多いのかどうか。

この辺りは、正直実際に行かないとわからないだろうなぁと思ったけれども、聞いてみた。地域おこし協力隊で実際に来た人たちが、だいたいみんな仕事に就けていることを教えてもらい、少し安心。

他にも色々と話を聞いて、ブースを後にする。生まれ故郷とも近いので、これからも情報を仕入れたりしていきたい。

 

その後、青森県のお話を聞いて、目当ての北海道ブースへ。

思いの外、人が少なく各市区町村のブースへ座るのに気が引けてしまう。物欲しそうな顔でうろうろとしていると、見兼ねた空知エリアの方が声をかけてくれた!

その後は、美唄市三笠市などなど空知エリアのブースでたくさん話を聞いた。

車がないとやっぱり大変だとか、趣味がある人なら冬も乗り切れるから北海道は向いているとか、気になる賃貸物件の家賃やら移住した時の手当金などなど、今現在気になる話は全部聞けたと思う!もちろん仕事の話も。

 

さて、そろそろ帰るかという時に、北海道コーナーで気になる文字を見かける。「写真の町」……おっ、写真の街??気になって早速話を聞く。この辺りになると、ブースに腰掛けるのも躊躇しなくなっていた。

上川郡にある東川町では、写真をテーマに街づくりが行われているようだ。ホームページも即座に見てみたが、自然に溢れていてすごく良い!!近年移住する人も増えているそうなので、東京から来たからといって村八分にあう可能性も低いようだ……。

正直に言うと、今回のフェアで一番気に入った町になった。今まで全く知らなかったから、本当に有益な情報を得られたと思う。その後、Facebookのページなどもフォローさせてもらった。

今回のフェアは行ってよかった。やはり、ネットの情報だけでは知り得ないことがたくさんあるし、現地の人の話を聞けるのは大きい。たとえ、自分の市町村に贔屓があったとしても生の声の力はすごいと思う。

あとはこれから、少しずつ吟味して、実際に足を運んでみることが必要だなと思った。協力隊はいい噂をなかなか聞かないので、割とハードルが高いが、お試し移住などできそうならやっていこうかなと感じた。また、移住に関しての情報もブログで呟いていけたらなと思う。

f:id:CHIRIandAKUTA:20170323104917j:image

広告を非表示にする
<body> </body>